食品を購入するときに一番気をつけるところ

我々の生活の中で一番大事にしたいのはキチンと食事を取ることかと思いますが、そのためにスーパーなどへ買い出しに行くのは毎日の通常作業かと思います。
そこで普段はあまり気にしたことがないかとは思いますが賞味期限や消費期限を良く見て買う人はどのくらいいるのでしょうか。
そんなの気にしなくても大丈夫だよという人もいれば過敏なほどに期限に拘る人も多いですね。
では食品の期限は絶対守らなくてはならないものなのでしょうか。
賞味期限や消費期限は国が食品の安全を徹底するために食品メーカーや生産者に表記を義務としたものであり、なかには表記を省略しても良い食品もあります。
チューインガムや砂糖などは省略が許されている食品です。
期限の決定は各メーカーが国から出ている基準を基にして物理的な検査や科学的検査を行い、各食品にとって最適な期限を記載しています。
これによって仮に同じ食料品だったとしても各メーカーによって期限表示は異なり一定した表示にはなりません。
これはメーカーによって物理的な検査や科学的検査の基準設定や方法が異なるためで国が提示した基準はクリアしていますがメーカーによって表示が統一されているわけではありません。
では、賞味期限と消費期限とは一体どのように違うのでしょうか。
まず賞味期限とは開封前で品質を落とさず食べられる期間のことで、平たく言うとおいしく食べられる期間ということになります。
なので賞味期限は一日過ぎたからといって食べられないということではありません。
もう一方は期間が過ぎているものは食べない方がよいということになります。
このサイトでは賞味期限と消費期限の違いについて調べてみたいと思います。

賞味期限と消費期限の決定的な違いは

さて、賞味期限とは加工品の場合よく使われる言葉で開封しない場合に品質を損なわずにおいしく食べられる期間のことを賞味期限といいます。あくまでおいしく食べられる期間ですので、一日過ぎたら食べられないという意味ではありません。 しかし消費期限はその日を過ぎたら食べない方がよい期間の限度を指します。

Copyright © 賞味期限と消費期限の違いは何?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る