賞味期限と消費期限一番の違う点はどこにある

>
この記事をシェアする

賞味期限と消費期限は同じ期限なのに何が違うのか

毎日購入する食料品の類

毎日の生活のなかで食料品の調達は毎日行っていることでわれわれには一番身近な行為といえます。
とにかく食事を取らないと人間は生きていけないのであり、そのためには食料品の調達が必須となってきます。
家族の誰が購入するかは家族構成によっても異なるでしょうが、まあ大体がお母さんの役割になってくるかと思います。
何かと毎日買い物をすると結構な重さになってきますし、日持ちの問題もあるので買うものも選択を絞っていかないといけないですね。
家族の中にはお父さんが自動車を出してくれて一週間分を一気に買い込むところもあるでしょう。
我々人間にとっては食料品はなくてはならないものですし、ないと一番不安になるものかと思います。

必ず確認している賞味期限と消費期限

そういった毎日の買い物の中で食料品に関して賞味期限や消費期限を必ず確認して購入している人は一体どのくらいいるのでしょうか。
人によってはそんなの気にしなくてもいいよとい人もいるようですし、又過剰なまでに神経質で必ず賞味期限や消費期限は守って買う、なるべく新しい日付けの物を購入するという人までおり、これは人によって様々なようですね。
ただ、本当に意味が分かって購入している人の数はそう多くないのではないかと感じることが多いです。
そもそも明確についている基準というのが国からも案内はされていますがあいまいなものが多いようで消費する側も厳密に言うと凄く気にしている人は一部の人なのではないかと思ってしまいます。


Copyright © 賞味期限と消費期限の違いは何?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る