賞味期限と消費期限一番の違う点はどこにある

>
この記事をシェアする

気になる賞味期限と消費期限

賞味期限と消費期限の使い分け

では賞味期限と消費期限の使い分けを国や生産者や小売業者はどのようにおこなっているのでしょうか。
主に賞味期限は加工品や調味料のように比較的保存の利くものに付けられていることが多いですね。
逆に消費期限は生ものや刺身、肉類、魚類のように保存に限りがあり保存があまり利かないものにつけられているような感じがします。
意味合いとしては加工がされているものかされていない生のままのものなのかで表記を使い分けているように感じますね。
そうなるとこちら消費をする側もしっかり見て購入する必要が出てくるのではないでしょうか。
昔は食品の加工技術もあまり発達していなかったので期限表示に関しても立ち遅れている感があり、あまり国民も気にして生活している感は少なかったように感じます。

期限の表示はどのように違うのか

期限の表示に関しての一番大きな違いは加工済みの調理がすでにされているものや調味料など長期保存が可能なものには多くに賞味期限が設けられているようです。
一方、消費期限に関しては肉類や魚介類、野菜など自然から取れたもので加工が一切されていないもの、刺身や肉のカット品のように加工はされていても素材そのものに手が付けられていない保存のあまり利かないものに消費期限として設けられているようです。
こうしてみてみるとどちらも表記されていますが、意外と細かく分類されているようですね。
加工品などは加工する素材や加工の行程で大幅に期限日付が異なるものもあるようで、素材ごとにどれだけ違いがあるか今後は注目してみる必要がありそうですね。


Copyright © 賞味期限と消費期限の違いは何?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る