賞味期限と消費期限一番の違う点はどこにある

>
この記事をシェアする

賞味期限と消費期限の決定的な違いは

決定的な期限の違いはどこにある

では国で定めている賞味期限と消費期限の大きな相違点はどこにあるのでしょうか。
国の定めた基準には賞味期限は加工時の品質を保ったままで食べることの出来る期限として記載されています。
つまりその期間内であればおいしいままの品質でだべることが出来る期間のことをさすようです。
では消費期限とは国の基準ではどのようになっているのでしょうか。
安全にその食品を食べることが出来る期間を国では消費期限と呼んでいるようですね。
つまり安全に食べることが出来る期間を消費期限として定めているようです。
この期間内では安全に食べることが出来るが味わいや品質に関しては損限りではないということと感じられます。
こうしてみると結構同じ期限でも意味合いが違ってきますね。

両者にはどんな違いがある?

両者で大きく異なる点は賞味期限がその食品が作られてからそのままの品質を保っていつまで食べることが出来るのかをさしていることで、一日二日期限を過ぎても品質は落ちるが食べることが可能なことに対して、消費期限はその食品がいつまで安全に食べることが可能なのかという期限をあらわしているので、期限を過ぎたものは食べない方がいいということをあらわしているのが一番大きな違いになります。
この点は覚えておかないと大変なことになりますので、特に消費期限に関しては今後十分注意して確認する必要が大きいといえます。
普段何気なく購入している食料品ですが賞味期限と消費期限の違いをこれからはよく確認してから購入して毎日の食生活に役立てたいものです。


Copyright © 賞味期限と消費期限の違いは何?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る